今後の生活を考えた保険の見直し|あなたの味方係

保険は我が身を守る必需品見直しで最適なものへ

節税対策としての保険

今後も需要の多い逓増定期保険

逓増定期保険に加入しておくことで、経営者に万が一の自体が起きたことで、経営が傾く恐れのあるような事態に遭遇した企業を救済するための備えができます。これは、逓増定期保険に加入しておけば当座の資金の手当ができるようになるというところに根拠があります。ところが、この逓増定期保険に企業が加入するのにはそれ以外にも理由があるのです。それが節税というメリットです。逓増定期保険に加入すると、その保険料が全額損金算入できる制度になっていたのです。利益の出ている企業にとって節税対策は重要な問題です。そのことから多くの企業が加入していましたが、損金算入できる割合が法改正によって変更されたのです。

企業の節税対策として重宝されてきた逓増定期保険ですが、損金算入できる割合が減らされた今でも活用している企業が少なくないのが現実です。保障額が逓増していくのに対して、支払う保険料が平準化されているために、適切な時期に解約して解約返戻金を受け取るという節税策が依然として機能するからです。つまり、利益が出ている期間においては、逓増定期保険の保険料を支払って経費を積んでおき、そうでない期間には解約して解約返戻金を受け取るのです。この手法によって、利益に課される税額を圧縮するばかりでなく、財務状況を戦略的に管理することが可能になっているのです。今後も厳しい競争を生き抜いていかなければいけない企業にとって、欠かすことのできない節税策と言えるのです。

Copyright (c) 2015 今後の生活を考えた保険の見直し|あなたの味方係 all reserved.